個人輸入の方法を教えます。

現代の個人輸入

現代の個人輸入は、相当楽になったと思います。


現代は、Amazonが普及したことで、相当個人輸入が楽になりました。

まずは、カタログ請求をする必要がありません。


ネットで見てしまえばいいです。



さらに、ブラウザで和訳ができるので、英語がわからなくても、大丈夫です。



Amazonのサイトは、外国のものでも、日本のものとサイト構造はそれほど変わらないので、
商品は探しやすいです。



しかし、カテゴリー登録が、日本のものに比べると、粗雑なので、
あんまりカテゴリーに頼って商品を探していると、見つけづらいかもしれません。


カテゴリーそのものが、訳の分からない分類になっていることもあるので、注意が必要です。



ただし、送料や手数料、関税などは、シミュレーターがあるところもあるので、
ずいぶん楽かと思います。


ただ何点を上げるとすれば、トラブルが発生した時に、
どのようにして対応するかです。


こればかりは、英語をつかって、やりとりをする必要が出てきます。


しかし、中学生英語で十分通じますし、それも自信がないという方は、Amazonの英語テンプレートを載せているサイトがありますから、
それをコピーアンドペーストすることで、簡単な内容なら問題なくやりとりができます。